当院の理念

定期的な心身のメンテナンスを

東洋医学には「未病」という概念があります。
病気にはなっていないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。

たとえば、からだの冷えや胃腸の不調。
これらは病気の前兆かも知れません。
検査などで異常がなくても、慢性的に体調がよくない場合は、未病の状態である可能性があります。

毎日を健康に過ごすためには、病気になってからではなく、病気になる前の治療こそが重要。
人は急に健康になれません。
鍼灸には、心身のバランスを整え、からだを健康に向かわせる力があります。

健康維持のために、鍼灸をおすすめします。

みなさまの豊かな暮らしを、当院がサポートできれば幸いです。

治療室
更衣室

 

待合室

 

玄関